読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七二八五写真缶

バイクと写真とぶらりと旅

隠岐満喫ツーリング ②

 澄み渡った青空の下、いざ行かん!隠岐

 と、言うわけで今回はフェリー乗船~島前・着(知夫理島)をまとめます。

 

 5月2日七類港AM9:30出航

f:id:nanigashi-yakko:20150512222124j:plain←フェリーくにが

 連休という事もあって沢山の人がきてました、里帰りの方や観光の方、そして大型トラックの列。

 「え?この人数と車とトラック全部いれるの?大丈夫か?」

と、無駄な心配をするぐらいでした。まぁ実際はもう一隻フェリーおきが停泊しているので半分に分けられましたけどね。 

f:id:nanigashi-yakko:20150512222436j:plain←乗船券と手荷物切符

 いよいよ車の積み込みが始まったので手荷物切符をバイクにつけてなんやかんや準備をして待ってたら係員から声がかかったので初のフェリー潜入!

f:id:nanigashi-yakko:20150512223310j:plain←フェリー内部

 うおー広い!自分は来居港(くりい)で降りるので一番先頭に並びました。船内ってこんなんになってんだ…

 と感動していたら係員からバイクの固定をしますとの事、指示に従いハンドルフリーのローギアセット(降りるとき良く見たらニュートラルだった…)

f:id:nanigashi-yakko:20150512223626j:plain←バイク固定中

 見よ!この手さばき、あまりにも早くて残像が!

 とかなんとか思いつついよいよ客室へ、移動します。客室は2等を選びました、安さ上等。

 どんな感じなのかなぁ~とワクワクしながら2等客室に入ると…人・人・人…す、すごい人数だ。すでに座る場所もないほどの混みよう、そして、人の密度の高さと圧迫感と篭った空気に耐え切れずデッキに即移動。

f:id:nanigashi-yakko:20150512224142j:plain←デッキ

 人の流れが客室に向かってる中デッキに移動したのでガラガラだった、前側のベンチを即確保。そのおかげで優雅な船旅ができました。

 ベンチは鉄製のと木製のとあったけど座るのなら木製のがいいです、鉄製のは尻が冷える…

f:id:nanigashi-yakko:20150512224458j:plain←本土

 ベンチに座りながら離れていく本土を見てながら「無事に帰ってくるからな!」と一人昂ぶっていました。

 初めてフェリーに乗ったけどその意外な速さで驚いた、結構早いんですね、船って。あと念のため酔い止めの薬も飲みました。でもこの日は風もなく穏やかな海で揺れがほとんどなく薬飲まなくても案外酔わなかったのかなぁと。

f:id:nanigashi-yakko:20150512224927j:plain←島前(中ノ島)

 本土が見えなくなってしばらくするともう隠岐が見えてきた!意外と近い?と思いつつテンション上がります。だって初めての隠岐だもの。

f:id:nanigashi-yakko:20150512225120j:plain←知夫理島・来居港

 AM11:30来居港 着

 ついに隠岐上陸!さぁ最初の目的地に行くぞー!…と思ったけど港が車で溢れ返って身動きが取れない、そりゃそうだ、迎えに来られた人たちの車でしょうね、少し落ち着くのを待ってから移動を開始。

 さぁ、隠岐ツーリングの幕開けです!

 

 と言ったところで、次回へ続く。