読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七二八五写真缶

バイクと写真とぶらりと旅

第15回 島根県道標識撮影ツーリング 最終回

 まぁまずは何も言わずに見てやってください。ラスト9つ。

f:id:nanigashi-yakko:20150922202338j:plain f:id:nanigashi-yakko:20150922202401j:plain

f:id:nanigashi-yakko:20150922202418j:plain f:id:nanigashi-yakko:20150922202437j:plain

f:id:nanigashi-yakko:20150922202458j:plain f:id:nanigashi-yakko:20150922202516j:plain

f:id:nanigashi-yakko:20150922202539j:plain f:id:nanigashi-yakko:20150922202602j:plain

f:id:nanigashi-yakko:20150922202620j:plain

 島根県道238線撮影終了。

 以上を持ちまして、「島根県道標識撮影ツーリング」は完結とさせていただきます!ありがとうございました。

 では、お待ちかねの振り返り語りの時間です。長くなるので覚悟をお願いいたします。

 

 思い返せば、2014年6月29日から本企画が始まり、完結が2015年9月21日。実に1年と三ヶ月弱かかったわけです。この1年と三ヶ月は長かったかと聞かれれば、案外早く終わったと思います。開始した直後は、2,3年はかかるんじゃないかと思ってました。計238線で西部地区と隠岐地区がどうしても遠く行けるタイミングがとれるかどうかわからなかったから。しかし、実行してみるとだいたい月に一回は撮影に出かけることができました(冬眠期間有り)その甲斐あってか1年三ヶ月で終わったと思います。

 そしてこの撮影ツーリングを始めたからこそ、人生初のキャンプ、さらにツーリングでのキャンプを経験する事ができたのは、私にとってとても大きな出来事だったと思います。この企画を考えていなかったら恐らくキャンプツーリングなんてやろうとも思わなかったかもしれません。

 実際キャンプをやってみて思ったのは、楽しい!(ハプニング有り)面白い!(トラブル有り)難しい(荷物の管理)と、4回やってみて何事も起こらなかった事がありません。何か物を忘れてきたり、雨が降りそうで不安になったりと。でもそれがキャンプの醍醐味じゃないかなと。不自由で限られた事しか出来ないけどそれがキャンプなの。それを楽しめる人がキャンプを楽しめる。

 4回のキャンプで各キャンプ場にお世話になりましたが、それぞれ違った個性を持った場所でした。一番驚いたのはやっぱり最後に行った、道猿坊公園キャンプ場です。駐車場にはタイヤのスリップの跡と夜は完全な闇。他のキャンプ場では暗くなるといっても20時前後までは電灯が灯っている所ばっかりだったのでそのギャップに驚きました。

 一番気に入ったキャンプ場は、枕瀬山キャンプ場です。ここは広さはそこまで無いにしても、夜がいい。辺りが暗くなってきた頃に山間に響く列車の音がまた心地いいのなんの。あそこはまた行きたいですね。

 キャンプも思い出に残りましたが、それ以上に思い出せるのは、島根県ほぼ全域を駆け巡った事ですね。いくら県内の者でも行く事はないような場所まで行ってきたわけですから。例えば観光名所がある場所なら何かの切っ掛けで行く事もあるでしょう、でも私がやってるのは、県道の標識を撮る、です。なので、谷の深い場所やこの先に人が住んでるのだろうかと不安になるような場所まで行って来たわけです。

 色々な場所で色々な物を見てきました、今にも消えそうな集落があったかと思えば小さな山間の町で賑やかに運動会が催されていたり。道の半分が今にも落ちそうな場所を通ったり。地方とはなんぞや?と考えたりしました。でもどこの場所でも誰もが頑張ってるなぁと、実感しました。

 写真を撮るだけとはいえ、道路上にバイクを停めて通行の邪魔をしてる事に申し訳なく思い、停まったかと思えば県道の標識を撮影し始めるものだから不審な目で見られたり。ホントすいませんでした。

 そもそも、この企画を始めた切っ掛けなんですけど。詳しくは申し上げられませんが…まぁ、ヤケです。

 「は?」と思われたでしょうけど、紛れも無くヤケくそで始めました。

 「休日なのに全然かまってくれないなら俺は一人でどっか行く!」「でもどこに行こう?どうせだったらバイクでどこか行ってみよう」「うーん、あっそうだ!島根県に住んでても島根県の行った事の無い、知らない場所に行ってみよう!じゃあ、あれだ、県道の標識を全部撮ってこよう!!」

 アホですね。今考えてみたら、この理由(苦笑)

 まぁそんな理由から始めたわけです。そんな理由で始めたけれど続けていくうちに、標識撮影に行く事が楽しくなってきました。週末の天気がよければその数日前から地図を捲り、グーグルアースでさらに詳細な地図を確かめました。そしてこの企画を無事終わらせる為に必要不可欠だった、グーグルストリート。これがなければもっと時間がかかったのは言うまでも無いです。事前に標識の位置を把握できるわけですからね。

 ただそれでも未通の場所も多々ありました、そういう時は先人達の車載動画を何度も見返して標識を探しました。その節はありがとうございました。ホント助かりました。

 あと地味にポータブルカーナビが役に立った、コレも時間短縮に繋がった、まぁ、たまに信用して案内どおりに進んだら行き止まりで焦った事はありましたが(ハハハッ)「この先直進です」「いやいや道無いから!」

 

 なんだかんだ、長くなりましたね。そろそろこの辺で拙い感想は終わりましょうか。

 もし、ご自分の住んでる街の県道に興味をもたれたら、撮影に出かけてみてはいかがでしょうか?知らない土地なんて山ほどあります、それを知るのも良い経験ですよ。

 

 さぁて、次は何を撮って歩こうかなぁ。今のところ何も考えていません、もし何か良い案があれば遠慮なくどうぞ。実行するかどうかはわかりませんが。ちなみに、国道は撮りません(断言)それこそ何年かかるかわからない。国道はもっと若い方にお任せします。連盟で撮るってのも面白そうですけどね。〇〇県は任せろ!とかね。

 

 長らくお付き合いありがとうございました。

 次回からは通常の写真を投稿していきます。

 では、また。

 

 

 

 

 

追伸:あ~そうそう、あるかどうかはわかりませんが、新規の県道が完成したらそこは撮りに行きます。だからこの企画はまだ、続くかも…?