読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七二八五写真缶

バイクと写真とぶらりと旅

隠岐満喫ツーリング ⑥

 さて前回の続き。

 油井の池からしばらく進んで行き到着したのが「壇鏡の滝」 

f:id:nanigashi-yakko:20150527205344j:plain←壇鏡の滝 前

 ここも事前に調べて行こうと決めていた場所、見事な滝を見る事ができるという事でやってきました。(道中道に迷い西郷港に行きかけた)

f:id:nanigashi-yakko:20150527205750j:plain←壇鏡の滝

 なんやかんやあって到着、そんなに大きくない滝なのに大きく見える存在。壇鏡神社に手を合わせてから写真をパシパシ撮るけど、滝って撮るの難しい。

f:id:nanigashi-yakko:20150527210359j:plain隠岐空港

 何故・隠岐空港

 隠岐に来たなら隠岐空港も見ないとねーっと言う訳の分からない理由で来て見ました。ずぶぬれのじゃなかったら空港内に入ってみたかったけど断念。

 ここに到着したのが11時頃、この頃には空模様は悪いけど雨が上がっていました。このまま晴れないかなぁと空に向かってつぶやく。

f:id:nanigashi-yakko:20150527210706j:plain←青空

 隠岐空港を出てしばらく走り何気に空を見ると、青空発見!「晴れたー!!」とたんにテンションが上がる。

f:id:nanigashi-yakko:20150527210835j:plain←西郷大橋

 赤い橋を見ると興奮します、変態じゃないです!

f:id:nanigashi-yakko:20150527211104j:plain←玉若酢命神社

 ここでようやく空も安定してきたので合羽を脱いで(靴はびちょびちょ)身軽になり、やっと一眼レフの出番がきた。それまではコンデジに雨の中頑張ってもらってました。

f:id:nanigashi-yakko:20150527211311j:plain←注連縄

f:id:nanigashi-yakko:20150527211412j:plain←八百杉

 樹齢1000年以上の杉、でかい・・・

f:id:nanigashi-yakko:20150527211556j:plain←西郷港

 隠岐の島で見たいところを全て(一応)見てまわれました。そして西郷港に到着、12時半頃に着いて昼食を、と思ったけど朝から5時間雨の中をひた走っていたせいか食欲零。非常食に買っておいたカロリーメイトを港でポリポリ食す。

f:id:nanigashi-yakko:20150527211952j:plain←乗船券

 帰りの乗船券を買って

f:id:nanigashi-yakko:20150527212045j:plain←フェリーくにが

 午後2時30分島後出航

 フェリーに乗り込み例によってデッキに移動、あぁこれで帰るのかぁ、あっという間の3日間だったな~と感慨にふけっていたら、デッキから港に向かって手を振る人たちがいて、なんだろうと見ていたらフェリーが動き出して、そこでわかった。

 港に見送りの人たちがいた、紙テープを港とフェリーに渡して皆で持ってた、手を振っていた、「またねー!」と声がした、それを見ていたら涙がこみ上げてきた、いかんコレは!見てたら泣いてしまう!すぐに眼を離しました。

 遠いようで近い、近いようで遠い、陸から離れているという事がどういう事なのか、フェリーに揺られながら考えました。

f:id:nanigashi-yakko:20150527212201j:plain隠岐の島

 午前中天候が悪かったせいで波が多少大きくうねってたけど、そこまで気になりませんでした。それよりも波しぶきがちょいちょいかかって、ふとジャケットを見たら白い粒のようなものが、塩?帰ったらクリーニングに出そう。

 

 隠岐の島よさようなら、楽しかった、また来ます。

 

f:id:nanigashi-yakko:20150527213420j:plain

f:id:nanigashi-yakko:20150527213443j:plain←枕

 今回のキャンプツーリングのグッドアイデア

 座布団まるめて芯に低反発座布団の枕

 意外と寝心地が良くてナイス俺と褒め称えてました。

 

 

 以上で「隠岐満喫ツーリング」のレポートを終了します。

 今回の隠岐ツーリングで分かった事

『一人で行くのはもったいない!!』

 家族がいるなら家族みんなで、恋人がいるなら恋人と、分かり合える仲間がいるなら仲間たちと。

 そう思いました。

 

 では、また。